Internet at home

インターネット: 自宅編

  1. 一般的な回線と主なプロバイダについて
  2. 申し込みの流れ
  3. 最低契約期間について
  4. 請求書について
  5. 解約の際の注意事項
※当サイトに記載されている各社のサービス内容やプラン料金は、2013年4月7日現在の情報になります。これらの情報は頻繁に変更される可能性がありますので、最新情報は各社のホームページでご確認ください。なお、当サイトでご紹介している様々なURLについても、予告なく変更される可能性があります。予めご了承ください。

1. 一般的な回線と主なプロバイダについて

オーストリアでは、自宅でインターネットに接続する場合、DSL (Digital Subscriber Line) 技術を利用する接続と、ケーブル回線を利用する接続が最も一般的な方法となります。前者は、アナログ信号で通信を行うごく一般的な電話回線を利用する接続方法で、この方法では、通常の音声通話で使用されていない周波数帯域を利用してデジタルデータ通信が行われます。DSL技術を用いた通信方式の中では、ADSL (Asymmetric Digital Subscriber Line) やVDSL (Very high bitrate Digital Subscriber Line) が最も普及していますが、DSLの中で一番高速なデータ通信が可能となるVDSLや電話回線より高速なケーブル回線は、サービス対象エリアが限られていることが多いため、現在オーストリアでは、ADSL方式による接続が主流となっています。

DSL技術を用いた接続サービスを利用する場合、アナログ信号を使って通信を行う電話回線が必ず必要となりますが、現在オーストリアのプロバイダ (インターネットに接続するためのサービスを提供する業者) では、テレコム・オーストリア (A1 Telekom Austria AG) との電話回線契約が必須となるプランに加え、テレコム・オーストリアが通信事業者にアンバンドル (開放) した加入者回線を用いたxDSL接続サービスプランも提供されています。このようなアンバンドル系のプランを利用するとテレコム・オーストリアとの電話回線契約なしでDSL技術を用いた接続サービスを利用することができます。

オーストリアの主なプロバイダには次の3社が挙げられます:

上記3社のうち、ケーブル回線を利用するサービスを提供しているのは、UPCのみとなります。また、日本では、光ファイバを利用したデータ通信も普及しているようですが、オーストリアでは、ごく一部のエリアを除き、家庭向けの光ファイバ接続サービスは提供されていません。UPCが提供するサービスに 「ファイバー パワー」 というプランもありますが、これはケーブル回線を利用したサービスのひとつになります。幹線部に光ファイバケーブルが使用されているだけなので、日本のように加入者の自宅まで光ファイバケーブルが敷設されるプランではありません。

なお、上記のプロバイダが提供するプランには、ほとんどの場合、無線LANモデムが含まれています。そのため、自宅ではワイヤレスで快適にインターネットが利用できるだけでなく、スマートフォンやタブレットPCなど、無線LAN機能が内蔵されている機器を同時に複数使用することも可能となります。

また、通信速度は固定回線のように安定していませんが、自宅でも固定回線を使わずモバイルデータ通信を利用して無線でインターネットに接続することも可能です。ただ、建物によって電波の受信状況に差があるほか、エリア内であっても電波を共有するユーザー数が多いと通信速度が遅くなるので、自宅もモバイルデータ通信サービスでカバーしたい場合は、まず、プリペイド型のサービスを利用し、受信状況等を確認することをお勧めます。モバイルデータ通信サービスについての詳細は、インターネット: 外出先編をご覧ください。

サービス内容と料金の詳細

上記3社では、利用者のニーズに合わせた様々なプランやオプションプランが用意されています。また各社とも、期間限定で様々な割引キャンペーンを実施していますので、サービス内容や料金の詳細は各社のホームページでご確認ください。(※下記URLは予告なく変更される可能性があります。予めご了承ください。)


2. 申し込みの流れ

1 利用したいプロバイダのホームページで自宅の建物または部屋でどういったサービスが利用できるか確認し、プランの検討を行います

  • プロバイダのホームページには、利用可能なサービスをチェックできるページが用意されています。通常、自宅の住所を入力すると利用できるプランが表示されますが、場合によっては、直接プロバイダに問い合わせて確認する必要があります。
  • ● 各プロバイダの利用可能なサービス検索ページ:

2 申し込み手続きを行います

  • 申し込みは、FAXや郵送のほか、プロバイダのホームページから直接手続きを行うことが可能です。プロバイダによっては、ショップ窓口での申し込みや電話による申し込みを受け付けているところもあります。
  • 配線工事や回線切り替え等の作業が必要になる場合は、申し込み手続き後、プロバイダから連絡が来ることになります。予約を行い、必要な作業を行ってもらってください。作業の種類によっては、料金をプロバイダ側が負担する場合もありますが、費用が発生する場合でも請求書は後日郵送されてくるので、直接現金で支払う分はありません。
  • なお、モデムやPCのセットアップを自分で行う場合、セットアップ料金 (2013年4月7日現在: € 69,90~) が無料になります。FAXや郵送で申し込みを行う場合は、セットアップサービスに関する項目について記入漏れがないようご注意ください。
  • お得情報! プロバイダは、常時さまざまなキャンペーンを実施しています。キャンペーン中に新規の申し込み等を行うと、ウィーン市内では配線工事やアクティベーション費用 (初期費用)、セットアップサービスなどが無料になる場合があります。

3 モデム到着後、モデムのセットアップとPCのインターネット接続セットアップを行えばインターネットへの接続が可能になります (※申し込みからモデムの到着まで、最大1ヶ月ほどかかる場合があります)

  • 申し込みの際、プロバイダが提供するモデムとPCのセットアップサービスを希望していた場合、通常、プロバイダから作業日時についての連絡が来ることになります。作業日を決め、セットアップを行ってもらってください。申し込みの際にはセットアップサービスを希望していなかったものの、やはりプロバイダのサービスを利用したいという場合は、モデムが到着してからプロバイダに連絡し、セットアップ作業の予約を行ってください。ただ、プロバイダが提供するセットアップサービスは、日本語のOSが入っているPCを対象としたサービスではないので、担当者によっては日本語のOSに対応できず、モデムのセットアップだけで作業終了という形になる場合もあります。
  • インターネット接続フルサポートサービス: ウィーン市内一律 €195

    • パッケージに含まれるサービス内容:
      • プロバイダ選びのご相談
      • プロバイダの申し込み代行手続きと各種手配
      • セットアップ作業 (モデム・無線ラン)
      • PCのインターネット接続セットアップ作業 (PC1台分)
      • メールアドレスの設定 (複数可)
      • ウィーン市内の出張料金
    ※上記料金には、プロバイダに支払う料金やハードウェア等の料金は一切含まれません。ウィーン以外のサービス料金については、別途、お問い合わせください。

    インターネット接続フルサポートサービスのお申し込みはこちらから


3. 最低契約期間について

オーストリアのプロバイダや携帯電話会社の契約には、通常、Mindestvertragsdauer と呼ばれる最低契約期間が設定されています。最低契約期間内に解約する場合、最低契約期間が終了するまでの残りの月数分の基本料金を一括で請求されたり、高額な解約金を請求される場合があるので、契約の際は、最低契約期間について確認しておくことをお勧めします。最低契約期間は、同じ会社であっても申し込むプラン内容によって異なる場合が多いので、ご注意ください。


4. 請求書について

  • オーストリアでは、プロバイダ契約を行うと、必ず 「Internet Service Pauschale」 と呼ばれるインターネットサービス料金が請求されます。インターネットサービス料金は、A1のように1年に1回、まとめて € 15 (2013年4月7日現在) を請求するプロバイダと、月々の基本料金の請求と合わせて、毎月 € 1,25 づつ (2013年4月7日現在) 請求を行うプロバイダがあります。
  • テレコム・オーストリアとの電話回線契約が必須となっているプランを利用する場合、プラン内容や配線工事等の種類により、初期費用は、申し込みを行ったプロバイダではなくテレコム・オーストリアから直接請求される場合があります。また、毎月の請求書は、プロバイダからの請求書に加え、固定電話の使用の有無にかかわらず、テレコム・オーストリアからも基本料金の請求書が届くことになります。

5. 解約の際の注意事項

契約を解約する場合、解約日までの猶予期間 (Kündigungsfrist) に気を付ける必要があります。例えば、Kündigungsfrist が1ヶ月となっている場合、解約希望日 (あるいは解約が可能な日) の1ヶ月前までに書面にて解約の申し入れを行う必要があります。申し入れはFAXでできる場合もありますが、郵便局の消印を基準に解約日を計算する会社もあるので、書留 (Einschreiben) で郵送することをお勧めします。

解約日までの猶予期間は会社によって異なりますが、例えばUPCの場合、2013年4月7日現在、猶予期間は1ヶ月となっています。現在のところ、UPCのサービスは毎月末日をもって解約となるようなので、解約の申し入れは、解約を希望する月の前月月末までに行う必要があることになります。

また、UPCの場合、解約後、2週間以内にモデムを返却する必要があります。郵送 (Einschreiben) または指定されたショップに直接持って行き、返却手続きを行ってください。返却手続きにはお客様番号も必要になるので、ショップで返却する場合は、お客様番号の控えも持って行ってください。契約の際、デポジットを払った場合は、返却手続きから数週間でデポジットが返金されることになります。なお、解約から2週間以内にモデムを返却しなかった場合、各種処理手数料として € 65 (2013年4月7日現在) が請求されるほか、1台あたり最高 € 70 (2013年4月7日現在) の罰金が取られることになります。解約日から2年以内に返却があった場合、デポジットと罰金は返金されますが、以後は返金されなくなりますのでご注意ください。

UPC のモデムの返送先:

UPC Telekabel Wien GmbH
Postfach 47, 1120 Wien

モデム返却手続きができるUPC ショップ

Favoritenstraße 80, 1100 Wien

月~金: 09:00 - 19:00
土: 09:00 - 17:00

SCN - Shopping Center Nord

Ignaz Köck Straße 1, TOP 238 (Obergeschoß), 1210 Wien
月~水: 09:00 - 19:00
木・金: 09:00 - 20:00
土: 09:00 - 18:00

Gasometer

Guglgasse 8 / EKZ,Gasometer A41, 1110 Wien
月~金: 09:30 - 18:00
土: 09:00 - 17:00